施工図
施工図

意匠設計
意匠設計
BIM設計
3D設計

  1. 施工図
  2. 意匠設計
  3. BIM設計

施工図

意匠設計

3D設計

施工図

施工図とは…

実際に建物を作る職人などが見る図面の事で生産設計図とも言います。
一般的に言われる「設計図」は完成形で書かれていて、それを施工する過程が描かれていない。施工する為に必要な詳細情報を盛り込み、見る人がわかりやすい様に表現する事が重要です。自分の描いた図面が目の前で形になり、そこに住まう人・集う人達の夢や希望などの「想い」までも乗せた大切な手紙の様な図面が「施工図」なのです。

建築現場における
施工図の流れを説明します

  • STEP1

    設計図

    その敷地にどの様な建物が建てるかを法的・構造的根拠などに基き完成形で表現した図面のことで、意匠図・構造図・設備図などがあります。設計図通りに工事が進んでいるか監理する人を設計監理と言います。
    (設計段階で施工図担当者が検討に加わることもあります)

  • STEP2

    計画図

    建物を建てるにあたって必要な仮設物や工事順序、重機や人の導線などを表現した図面のことで、総合仮設図・山留打設計画図・鉄骨足場計画図などがあります。

  • STEP3 -メイン業務-

    施工図

    設計図に基き、その建物を建てるにはどの様に建てていくかを表現した図面のことで、躯体図・平面詳細図・タイル割付図・天井伏図などがあります。それを作図や修正するのが施工図のメインの仕事です。新入社員はまず各種図面の修正業務に携わります。

  • STEP4 -メイン業務-

    製作図のチェック

    工場で製作する物の図面の事で、各種建具図・鉄骨図・エレベーター図・PC割付図などがあります。施工図との整合性をチェックするのも施工図の仕事なので各種業者との打合せも重要な業務となります。施工図がある程度理解出来ないとチェックできないので若手〜中堅社員が担当します。

  • STEP5

    工事

    施工図通りに建っているかを管理するのが現場監督の仕事です。
    (現場からの質疑対応や変更などで発生する諸問題の打合せや図面修正も施工図の仕事です)

  • STEP6

    各種検査

    完成した建物が設計図や施工図に合っているか様々な立場から検査を行います。
    (追加指示や是正の方法を検討して図面を修正するのも施工図の仕事です)

  • STEP7

    竣工-引き渡し

    検査をクリアした建物を施主に引渡すことを竣工と言います。
    (検査対応した最終形の図面を竣工図としてまとめるのも施工図の仕事になる場合が多いです)

これ以外に様々な打合せ業務などがありますが、STEP1〜7までのあらゆる範囲で
施工図担当者が必要とされ、建設現場においてとても重要な役割を担います。
我々は技術者として良い建物を作る為に
図面を通して貢献しています。